京林の着物と他との違い   - 生地と染めのこだわり -

京屋林蔵と他の着物の違い

original_1

 

 

original_2

最高の絹・紬を

original_2

染色の技巧がどれだけ優れていても、生地が悪ければ美しい染色は得られません。また良質な生糸でないとふっくらとした、きめ細かく優しい肌触りにはなりません。染め付けを深く吸い込ませるためには最高の絹・紬を使用して、京屋林蔵の作品は生地へのこだわりを追求します。

 

 

 

original_3

幻の辻ヶ花

original_3

京屋林蔵の辻ヶ花は、全国でもここでしかない結城紬を使用。白結城に墨絵などで描かれた辻ヶ花を絞り、主に草木の染料を用いて、丹念に筆で染めた辻ヶ花は、華やかでありつつも衣装が決して前面にでない逸品となっており、着物愛好家を魅了して止みません。

 

 

伝統の京友禅を受け継ぐ

友禅染は江戸時代からの古い歴史を持つ文様染めの技法です。多彩な色彩と絵画的な文様を染めるために文様の輪郭線に細く糊を置き、隣り合う色同士がにじまないように工夫する技法が京で開発され、後年、加賀、江戸、全国各地へとその技法が伝承され独自に発展していきました。

京屋林蔵の作品は、その一点一点が手描きによる友禅となります。染色の方法は手描き友禅と型友禅に大きく二つに分かれ、手描き友禅は読んで字のごとく、文様の下絵から彩色まで全て人の手による手描きで行われる昔ながらの手法です。下絵、糊置き、色挿し、蒸し、友禅流し、金彩、刺繍といった工程を踏みながら、それぞれの専門の技巧をもった職人が仕上げていきます。

original_4space_300x100